性病|STD|性病科|泌尿器科|池袋東口クリニック

 
HIV感染症について
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)によって感染した病気を、HIV感染症と言います。
この病気が進行すると、AIDS(エイズ)を発症します。
 
感染経路

性的接触により性器、肛門、口などの粘膜や傷口からHIVウイルスが体内に入って感染します。主な感染源は、感染者の血液、精液、膣分泌液、母乳などですが、わずかながら唾液などからにも、感染する可能性があります。また、近年では、麻薬や覚せい剤のまわし打ちで、感染した症例も多く出ています。
母親から子供に、妊娠中に子宮内の胎盤から感染させてしまう事や、分娩時の産道を通過する時に感染させてしまう事や、出産後の授乳時に感染させてしまう可能性もあります。(これらの事を略して、母子感染と言います。)その為、妊娠初期からHIV検査を行い、感染している場合は、病院(婦人科)で予防策を講じます。

 
症状(男性・女性共に同じです。)

HIVの初感染症状は、感染してから1〜4週後位で、発熱、リンパ節腫脹、咽頭炎症状、倦怠感、発疹、筋肉痛、関節痛、下痢、頭痛などがみられます。ちょうど風邪症状にも似ています。このためHIV感染のリスクを意識していなければ、普通の病気として見逃され症状も自然に軽快してしまいます。また、この初発症状に関しては、全員に出る訳ではありません。
その後の慢性感染期では、初期のうちは免疫状態も保たれ、基本的に自覚症状もありません。この時の免疫状態(HIVの進行状態)の指標が少なくなってくると、健康な状態では感染症を起こさないような病原体(弱毒微生物・非病原微生物・平素無害菌などと言われます。)が原因で、エイズを発症する状態になります。多くの人は、生命を脅かすような状態になって初めて自分がHIV感染者である事実を知ります。

 
診断と検査方法

感染の機会があってから1ヶ月経過すると検査が可能となります。HIV感染症の診断は、血液検査(HIV抗体)で行われます。抗体検査にはスクリーニング検査と確認検査があります。簡易的な検査方法として、スクリーニング検査という方法がありますが、約1%位の確率で、擬陽性と出る事があります。

 
注意点と問題点

医学の発展により、抗HIV薬を3〜4種類用いて、延命治療が出来る様になりました。ただ、体内のウイルスを完全に無くすという治療ではなく、ウイルスの増殖を阻止し、突然変異による薬剤耐性の出現を抑える目的となります。また、長期的に規則正しく内服して頂く事や、副作用が強い事が、多少ネックとなります。

 
治療方法

基本的に、3・4種類の抗HIV薬を、長期的に内服を継続して頂く治療となります。治療の目的としては、ウイルスの増殖を阻止し、突然変異による薬剤耐性株の出現を抑える事となります。ただ、副作用が強く出る事もあり、状態によっては、入院での治療となる場合もあります。

※当院では、検査までは行えますが、治療までは行えませんので、ご了承ください。