性病|STD|性病科|泌尿器科|池袋東口クリニック

 
ヘルペスについて
単純ヘルペスには1型と2型があります。
1型ヘルペスは、主に口唇とその周囲の顔面に発症します。風邪をひいた時など免疫力が落ちた時に、唇の周囲に出来るのが1型ヘルペスとお考えください。(日本人の5割から8割位の人が持っていると言われています。)
2型ヘルペスは、主に外性器に発症します。発症時は、1型ヘルペスと同様に、風邪などひかれた時など免疫力が落ちた時に、外性器に出来るのが、2型ヘルペスとお考えください。ただ、最近では、オーラルセックスなどの為に、性器にヘルペスが出来る場合でも、1型ヘルペス感染の割合が徐々に増えてきています。
 
感染経路

性器ヘルペスは、基本的に性器の接触で感染しますが、それ以外にタオルや便座を介しても感染する事もあります。

 
症状

男性器や女性器や肛門のまわりに不快感や痒みが生じ、軽い刺激感を伴って赤い小さな水ぶくれが群がって現れます。男性の場合は、亀頭、包皮、陰茎などの皮膚にできます。女性では外陰部(膣の入り口の周囲の皮膚)にできます。初めは皮膚がピリピリし小さな赤い水泡ですが、その後、皮膚に小さな潰瘍(水泡がつぶれた跡)ができます。潰瘍の周りは赤くなっていて少し隆起している事もあります。やがて黒っぽいかさぶた(痂皮)ができて治っていきます。水疱は、ご自身では見逃す事も多いのですが、水疱の有無、痛みが有るかないかは問診上重要です。

 
診断と検査方法

ある程度の診断は、肉眼的所見から行いますが、血液検査でウイルス抗体の検出を行い、1型・2型の確定診断を行います。再発型に関しては、薬疹、梅毒、軟性下疳、カンジダ症、アレルギー性による皮膚炎などとの鑑別をします。

 
注意点と問題点

皮膚にヘルペスの症状が出ている時には、ウイルスの量も多く、強い感染源になります。特に、水疱の中にはたくさんのウイルスがいますので、症状が出ている際は、必要以上に触らない様にされてください。また、患部に触れたり、薬を塗った後は、必ず手を洗う様に心掛けてください。痒くてもかさぶたは破らない様にして、症状が出ている時は、タオルの共用は避けてください。(下着やタオルなどの洗濯物といっしょに洗って大丈夫ですし、お風呂の湯で感染することはありません。)

 
治療方法

ヘルペスを完治させる方法はございませんが、症状を治す方法としては、抗ウィルス剤を5日間服用して頂き、水泡が出ている患部に、直接抗ウィルス剤軟膏を塗って頂ければ、症状は治ります。