性病|STD|性病科|泌尿器科|池袋東口クリニック

当院では、当日の検査は行っておりますが、
検査結果は後日となります。

what's new お知らせ・新着情報
 
性感染症(性病)とは

性感染症とは、基本的に、性的接触(オーラルセックスも含む)によって感染する病気の事を言い、一般的に略して、性病とも言われます。また、英語では、Sexually−Transmitted−Disease(性行為によって感染する病気)を略して「STD」と呼んでいます。
性感染症は主に、細菌性、ウィルス性、原虫など、多種多様な微生物によるものです。
そして、性感染症の症状の多くは、性器近辺に出る事が多く、全身に及ぼす症状はそれ程ない為、多くの人が性感染症に関心を持っていても、あまり深刻に考えていないのが現状の為、テレビや新聞でニュースになる、HIV感染者が年々増加傾向にあります。
性感染症の正しい知識を持つことと、もし、感染したのではないかと疑うようなことがあれば、早期に適切な治療を受けるようにされて下さい。

 
性感染症(性病)は、なぜ感染する?

性感染症は、基本的に自然発生する病気ではありません。
性感染症は、基本的にオーラルセックスを含む性行為によって感染する病気です。ただ、ごく稀にですが、公衆浴場やサウナなどで感染する場合もあります。
感染経路としては、性感染症に感染している人と性的な接触があった場合の他、口、血液、患部(イボ、水泡などの症状)組織、陰毛などの接触が挙げられます。

 
性病一覧表
病名 潜伏期間 症状 治療方法
淋菌性尿道炎 1日〜7日 ・排尿痛がある
・黄色っぽい膿がでる
・尿道に灼熱感がある
・血尿がでる
1週間〜2週間分の抗生剤を内服 重度の場合は、点滴を致します
クラミジア性
尿道炎
10日〜 ・軽い尿道痛がある
・尿道の不快感がある
・尿道内に痒みがある
・尿道から水っぽい分泌液がでる
・無症状の方もいる
1週間〜2週間分の抗生剤を内服 重度の場合は、点滴を致します
性器ヘルペス 感染経路や症状によって異なる ・ペニスに小さな米粒状の水泡ができる
・発熱と共に陰部に痛みを伴う
・症状が軽い方もいる
5日分の抗ウィルス薬の内服と、1日数回、軟膏塗布
カンジタ性
亀頭炎・包皮炎
感染経路や症状によって異なる ・亀頭や包皮が赤くなる
・カサカサしたり、ジュクジュクしたり、白い垢がでたりします
1週間〜2週間分抗菌薬の内服と、軟膏塗布
毛ジラミ症 1週間で卵が孵化する ・陰毛部に強烈な痒みがでます
・下着に茶色のシミが点在する
・陰部に点状の発赤がある
スミスリンシャンプーで約2週間程度、陰毛部を洗って頂きます
尖圭コンジローム 2週間〜 ・亀頭及び包皮にイボ状のブツブツが出来る
・イボ状のブツブツが増える
・ブツブツがカリフラワー状に大きくなる
今あるブツブツは、電気分解治療で取り除き、再発防止の為、1週間分の生薬を内服