泌尿器科 形成外科 性病科 池袋東口クリニック

 
ザガーロ処方

男性型脱毛症治療薬のザガーロ処方が解禁されました。
薄毛治療のお悩み、もしくは既にプロペシアなどで治療していらっしゃる患者様もお気軽にご相談下さい。
プロペシアは抜け毛を止める(進行遅延)作用がありますがザガーロは止める(進行遅延)作用だけでなく育毛効果もあります。

服用は1日1回です。
また、プロペシアと同様の副作用として一時的に、勃起不全・射精障害・精液量減少等になる場合があります。
そのような時は直ちに、服用を止め医師にご相談下さい。

定期的な血液検査は必要ありません。

 
 
プロペシア処方

プロペシア(フィナステリド)錠は医師の診察・血液検査を受けて服用して下さい。

男性型脱毛症は、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、又は双方から薄くなり、進行していくのが特徴です。

一般的に、DHT(ジヒドロテストステロン)や遺伝が関係すると言われます。何もしないでいると進行していきますので、早めのケアが大切です。当院では、男性型脱毛症の進行遅延のためのお薬『プロペシア錠』を処方しております。薄毛・抜け毛が気になりはじめたら、諦める前に、是非一度ご相談下さい。稀に『プロペシア錠』服用後、肝機能・中性脂肪の上昇が見られるため服用前に当院では、まず血液検査で健康診断をさせて頂きますのでご安心下さい。早ければ、3-6ヵ月程で効果がでます。

服用は1日1回です。また、男性型脱毛症以外の脱毛症や育毛効果はありません。稀に、副作用として一時的に、勃起不全・射精障害・精液量減少等になる場合があります。そのような時は直ちに、服用を止め医師にご相談下さい。

 
※身体的に、障害が出なくても、最長6ヶ月の処方で効果が出ない場合は、残念ながら本剤の適応が無いと医師が判断し、処方を中止させて頂きます。
 
服用に関する注意事項
■1日1回、内服してください。
6ヵ月服用しても抜け毛の進行が遅くならない場合は、医師にご相談ください。
■男性成人のみ服用してください。
女性には効果が認められていません。妊婦、妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人は服用しないでください。(妊娠中の婦人が本剤を服用すると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。)
■錠剤を割って飲まないでください。
妊娠中の婦人が本剤を服用したり、破損した錠剤に触れて有効成分が吸収されたりすると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。なお、このお薬はコーティングされているので、通常の扱いにおいて有効成分に触れることはありません。また、錠剤を割って服用した場合の安全性・有効性は保証されておりません。
■肝機能障害のある方は医師に相談してください。
肝臓で代謝されるお薬です。服用中に肝臓の酵素が上昇した報告があります。肝機能障害のある方は、処方される医師にご相談ください。
■家族や他の人にあげないでください。
■副作用は?
国内で実施された臨床試験(1年間)において、4.0%(276例中11例)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められています。主な症状はリビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに、食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
■前立腺がんの検診を受ける予定のある方は、
検査を実施される医師に本剤を服用していることをお知らせください。

本剤の成分は、前立腺がん検査で測定されるPSA値を約50%低下させることが知られています。したがって、測定したPSA濃度を2倍した値を目安として評価してください。

本剤の効き目がみられるまでには、通常6ヵ月の服用が目安となります。また、服用をやめると再びAGA(エージーエー)が進行し始めてしまいます。
効果がみられないからといって勝手に服用をやめたりせずに、主治医の指示通りに服用を続けてください。

本剤を飲んでいて何か気になることがありましたら、主治医または薬剤師に早めにご相談ください。
安全にお使いいただくために
医療用医薬品のニセモノの流通は、医薬品を使用される患者様、医療関係者を含む医療業界全体の大きな問題点となっており、現在報告されているニセモノは製薬会社以外の別のところで作られていることも多く、安全性が確認されていないものがあります。ニセモノの主な流通経路は、インターネットなどでの個人輸入によるものであると考えられており、ニセモノを服用した場合は思いがけない健康被害が発生する可能性があります。ニセモノを服用しないために、厚生労働省の「医薬品の個人輸入に関する注意喚起について」に基づき、医療機関を受診し、医師の処方により正しく服用することをおすすめします。
 

■ニセモノとは?

  • 薬効成分が全く含まれていないもの
  • 過剰な薬効成分が含まれるもの
  • 薬効成分が少なすぎるもの
  • 錠剤自体にコンタミネーション(雑菌などの混入)の可能性があるもの など
 
WHOによると世界で流通している医療用医薬品の10%程度がニセモノだと推測されています。2003年 WHO調べ(BMJ 327 news roundup より)